肝炎ウイルスの検査方法

 日本には300万人~360万人の人が肝炎ウイルス感染していると言われています。そのうち自分自身が感染している事に気がついていない人が7割をしめます。感染源も不明の場合も多く、自覚症状もないので肝がんや肝硬変へ進行してしまう人もいます。
 B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの検査は、採血をして感染しているかどうかを調べます。肝炎ウイルスの検査は、地域によっては医療機関で受けることができます。まずは、電話をして受診できるかを確認すると良いでしょう。健康診断で肝炎ウイルスの検査を受ける機会がない場合は、住んでいらっしゃる区市町村にお問合せください。
 肝炎ウイルスに感染した後すぐは、感染していても発見できないことがありますので、数週間後に検査をうけるか、もしくは3ヶ月経過していれば正確な結果を知ることができます。
 肝炎ウイルスの検査をして感染しているという結果が出た場合は、治療を始めるにあたって肝臓の状態を調べる検査が必要になります。B型肝炎ウイルスとは違いC型肝炎ウイルスは、肝機能の異常や自覚症状が軽度であっても治療が必要なことがありますので、【上野の内科・内藤医院】にて医師の診察を受けましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ