美白化粧品で黒ずみは消えない|人に聞けない黒ずみ対策とは?

脇やバストトップなどの黒ずみがコンプレックスという人は意外に多い

顔のシミの場合はドラックストアで美容部員さんに相談ができるが、エリケートな部分の黒ずみについては困りますよね。

黒ずみをなんとかしたい。そう思って、顔専用の美白化粧品をデリケートゾーンに使っても効果は期待できません。

なぜなら顔、脇の下、バストトップなど、皮膚の部位によって皮膚の構造や厚みが違うからです。

効かないだけならまだしも、デリケートな部分は普段から露出している顔よりも化粧品でかぶれたりしやすいものです。

そこで、デリケートゾーンに使える黒ずみ対策をご紹介します。

そもそも顔専用の美白化粧品が効かない理由とは

まず化粧品の定義は、あくまでもシミを予防するものであってすでにできてしまったシミに対して効果は発揮しません。これは薬事法でも定められていて、たとえ美白化粧品を使って全くシミが治らず文句を言っても聞き入れてもらえないんです。

シミを予防し、肌の老化を遅らせる目的が美白化粧品というわけです。

デリケートな部分の黒ずみは治りづらい

デリケートな部分は、摩擦や女性ホルモンの分泌の乱れから色が黒くなり、歳と共にターンオーバーの周期が遅くなることで、色素沈着として残ってしまいます。

顔などは普段から紫外線対策や化粧によって、自然と予防していることが多いですが、デリケートな部分にはあまり気を使わない人が多いですよね。
黒ずみが気になり始めたときには手遅れで、“化粧品”で黒ずみが改善できる可能性は限りなく低いです。

デリケートな部分の黒ずみに対しては医薬部外品が良い

それは“医薬部外品”という改善したい部分に対して効能が認められた成分を一定以上配合されているものになります。

なので、化粧品よりも効果は高く、予防と改善が期待できるんです。

医薬部外品の黒ずみ対策の商品は、目元の黒ずみだったり、脇の下だったり、部位ごとに効果が発揮できるような商品もあります。

たとえば女性が人に言えない悩みで最も多いバストトップの黒ずみには、ピンキッシュボーテというバスト専用の黒ずみ解消クリームがあり、全体の黒ずみ対策クリームよりも、よりバストに効果が発揮できるように配合されているのでおすすめです。

デリケートな部分の黒ずみ対策には成分もしっかりと見る

デリケートな部分には、効果が比較的緩やかで長期的に改善するものがおすすめです。なぜなら、効果が早く効く即効性の高いものは、それだけ肌に負担をかけるからです。

たとえばハイドロキノンやトレチノインは強力なビタミンAと肌表面を剥がす作用で、美白成分としてはかなり強力ですが、肌荒れを起こす人が多くいます。

理想は止まってしまっている色素沈着部分の細胞を外へ押しやるために、ターンオーバーを促してあげることです。
それには、自然なターンオーバーの周期(28日周期が理想とされています。)で徐々に改善させる成分がおすすめです。

チェックすべき成分は「水溶性プラセンタ」と「グリチルリチン酸2K」という医薬部外品に指定されている美白効果が期待できる成分です。

どちらも人の身体に存在する成分なので、肌荒れが起こしにくく、自然なターンオーバーに導いてくれます。
もちろん、ピンキッシュボーテも2つの成分が配合されています。

最後に

人に言えない黒ずみ対策。人に言えないからこそ、自分でなんとかしなければいけませんよね。どこでも使えるような美白化粧品を適当に買ってはいけません。

購入する前に、身体のどの部分を改善したいのかはっきりさせて、専用の医薬部外品を選んで、きちんと効果が期待できる方法で黒ずみ対策してみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ