父の日や贈り物に使いたい!コスパの良い厳選ワインとは

父の日やプレゼントに、贅沢にお酒をプレゼントしたいと言う方は多いと思います。

普段自身で飲まない物、また、お酒というのは趣向がハッキリとしている飲みモノです。
それゆえ、チョイスがスマートにできるというのはマナーやビジネスシーンでも役に立つことでしょう。

最近は日本酒ブーム、第七次ワインブームなどという言葉も業界では台頭しています。
特に日本酒の獺祭(だっさい)などは居酒屋やメディアでも登場しています。

この銘柄がけん引し、お酒の世界も「より美味しい」ものがトレンド。
ちょっと贅沢なお酒をたしなむ人が増えてきています。

インスタなどのSNSを見てもその状況は手に取るように分かります。

特にお酒を楽しむ女性はとっても増えてきているのです。

女性にぴったりなお酒の「ワイン」を例にとれば、ハッシュタグ #ワイン女子 などという言葉もその広がりを見せてきています。「日本酒」であれば、#日本酒女子 という言葉はもはや市民権を得てきたと言えるほどです。
今後、集まりや飲み会などでも気軽にお酒を語れる方は活躍してくることでしょう。

さて、ワインにフォーカスしてみましょう。
2017年の父の日は6月18日です。
今年は父の日のプレゼントがてら、お父さんと一緒にワインを楽しんでみてはいかがでしょう。

父の日におすすめのプレゼント向けワインをまとめたこちらのページでは、値段も安い所から高い所までをまとめてあります。

日本酒であれば、有名な銘柄は探せば出てきますが、ワインと言うと赤ワインや白ワイン。種類がたくさんあって選べませんね。加えて、どうも難しいイメージや高級品という感じがして、とっつきにくく、さらに言えばプレゼントではなかなか選べないものです。

特に、プレゼントというと、カジュアルに渡したいシーンから、しっかりとキチンと渡したい本格的なものまで千差万別です。ご紹介のページでは2千円くらいのものから一万円くらいのプレゼントでもカジュアル・本格派の2WAYでまとめてあります。

メディアの掲載歴なども記載されていることで、お酒好きのお父さんや、高いお酒ってどんな味??という方も楽しめる内容でしょう。

父の日におすすめのプレゼント向けワインをまとめたページを是非ともご覧ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ