敏感肌のための化粧品って、本当は?

あなたは敏感肌でお悩みではないでしょうか?

今や誰もが敏感肌で悩んでいるといっていいくらい、敏感肌が蔓延していますね。

そんなあなたには、必要な化粧品は、もちろん、敏感肌化粧品ですね。

しかし、敏感肌化粧品って言えば

「私は敏感肌。だから、やっぱり無添加化粧品を選ばなくっちゃ!」

「いや私は、自然派!なのでオーガニックコスメがお好みです!」

「その前に、敏感肌なら、アルコールフリーでしょ!」

などと言った会話が聞こえて来そうです。

こんな会話をしているあなた。

間違った敏感肌化粧品を選んでいる可能性があります。

無添加、オーガニック、自然派、アルコールフリー・・・

確かにやさしいイメージで、敏感肌に良さそうですね。

しかし、ここには、大きな落とし穴があるんです。

それは、なぜか?

自然派やオーガニック、無添加の敏感肌化粧品は必ずしもお肌に優しいとは限らないからです。

その理由をしりたければ、「エイジングケアアカデミー」というウェブサイトの記事「敏感肌の化粧品選びは、ランキングやイメージに騙されてはダメ!」をおすすめします。

間違った敏感肌化粧品を選ばない7つのポインは、

1. 無添加化粧品だからという理由だけで敏感肌化粧品を選ばない

2. オーガニックコスメ、自然派化粧品という理由だけで敏感肌化粧品を選ばない

3.アルコール、合成着色料、合成香料配合の敏感肌化粧品を選ばない

4.防腐剤、界面活性剤、合成ポリマーやシリコーンを必要以上に怖がらない

5.敏感肌化粧品ランキングだけで選ばない

6.たくさんの種類の化粧品を使う必要はなく、1つまたは2つで十分

7.敏感肌では、化粧品を選ばない、使わないことも選択肢の1つ

年齢とともに敏感肌のリスクは増えます。

つまり、敏感肌の化粧品選びとエイジングケア化粧品選びは同じ知識が必要です。

その秘密を知りたい方は、
「敏感肌の化粧品選びは、ランキングやイメージに騙されてはダメ!」をチェック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ