ハイローオーストラリアは安全な取引業者か

バイナリーオプションという投資取引は、日本での取引が始められたその黎明期において、顧客が入金した資金を払い戻しさせなかったり、投資家に対して弱い立場を強いて不当ともいえる取引を行ったりなどが横行した時期があり、これに対して金融庁が規制を促すなど大きな社会問題になりました。

こうしたことから、国内の取引業者であれば金融商品取引業の登録が必要になるために、不正を働く取引業者はほとんどいなくなったのですが、現在でもバイナリーオプションに対しての嫌疑は強く、特に海外業者に対しては風当たりが強いものとなっています。日本人と投資についてを参考にしてください。

海外業者においても、こうした不当な取引をする業者は少なくなっているのですが、例えば国家を超えた送金のために入出金の手続きが遅くなったり、キャッシュバックボーナスなどの引き出し条件の煩雑さ、また日本語によるサポートが行われていないなどの理由から、海外業者に不穏の目を向ける人たちは少なからずいます。

また、近年では、バイナリーオプションを題材にしたネットワークビジネスやマルチ商法までが蔓延しており、バイナリーオプションの置かれている立場は、世間的に後ろ暗いものになっていると言わざるを得ないでしょう。

もちろん、実際に詐欺まがいの行為を行ったり、投資資金だけを集めていなくなるといったような悪質な業者も存在します。

こうした業者から身を守るために、取引業者に取引口座を開いて入金などを行うまえに、その取引業者の経営状態や信頼度、顧客からの資産の預かり方や資金管理や保全方法などについて確認するようにしたほうがいいでしょう。

ハイローオーストラリアでは、取引業者の信頼と安全の証を立てるために、所在国であるオーストラリア国内のAFSL(Australian Financial Services Licence)を取得しています。

この金融ライセンスは、様々な国の金融商品を取り扱う業者で信頼の証とされているキプロス証券取引委員会などの金融ライセンスよりも取得難易度が高いとされているため、ハイローオーストラリアの取引業者としての信用と信頼を保証するものとなっています。

もちろん、顧客からの資産の預かりについても、ハイローオーストラリアの持っている資産とはきちんと分けられ信託保全が行われており、預けた資産は第三者期間であるNAB(National Australia Bank/ナショナルオーストラリア銀行)にて分別管理をされています。

これにより、万が一破産をしたとしても、世界最大の保険組合ロイズの賠償責任保険によって、顧客の資産は保全返還されるため、ハイローオーストラリアは海外業者でありながら、日本の投資家からも強い支持を得ているのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ