秋冬のスキンケア&予防のコツ

秋冬といえば、肌の乾燥、シワ、くすみ、肌荒れ、弾力の低下、赤みなど様々な肌悩みが出てくる季節ですよね。
気温や湿度が低下しますし、夏に浴びた紫外線やエアコンの影響も大きいでしょう。
また寒くなると血流が悪くなるので肌のターンオーバーもスムーズに行われなくなります。

そこで今回は秋冬のスキンケアと予防のコツをお伝えします!

《スキンケア編》
秋冬のスキンケアで大切なのは、とにかく『保湿』です。

①化粧水
化粧水は保湿効果の高いものを使います。

②マスク
マスクを5分間はつけましょう。
時間がない方は、ドライヤーで髪の毛を乾かしている間にマスクをのせるのもありです。
マスクはそんな高級なものでなくても構いません。ドラッグストアに売っているもので十分です。この一手間が大切です。

どうしても時間の無い方や面倒な方は、マスクの代わりに美容液を馴染ませても良いでしょう。

③乳液
乳液も保湿効果の高いものを適量つけましょう。

④クリーム
乾燥や小ジワの気になる方は油分の多いこってりしたものを使うようにします。
目の下は皮膚が薄いので、目元専用のクリームか、通常のクリームを多めに塗ります。

⑤ベビーオイル
最後にベビーオイルを1滴なじませてフタをします。
ベビーオイルは万能なのでファンデーションに混ぜたり、マッサージオイルとしても使えるので1本持っておくと便利です。
メイクの前に付けると、艶っぽい肌に仕上がるのでオススメです!
ただし、つけ過ぎるとメイクが崩れやすくなるので、ほんの1滴くらいが良いと思います。

《予防編》
夜は上記のスキンケア方法でOKですが、朝は紫外線対策も忘れずに行いましょう。
紫外線は秋冬でも降り注いでいますので、通年対策が必要です。

とはいえ、『冬に日焼け止めを塗るなんて面倒くさい…』と思いますよね。

そこでオススメなのが、飲む日焼け止めnoUV(ノーブ)です!

飲む日焼け止めnoUV(ノーブ)

飲むだけなので、とっても手軽で続けやすいです。紫外線の予防だけでなくアンチエイジングや美肌効果も期待できるというのも魅力ですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ